家族の笑顔を守るためにも住宅診断を依頼しよう

権利の適用範囲を把握する

説明

取り扱い不動産会社を探す

不動産は、土地や建物を一式で購入する方法の他にも、借地で利用する事も可能です。まずは、不動産会社などを利用して、借地として出されている物件などについて相談する事からスタートできます。借地に関する相談は、やはり所有する権利内容の理解に努める事も大切です。借地を利用する際のメリットとデメリット部分を把握して、状況に合わせた利用をする事も必要になります。相談する場合には、取り扱いのある不動産会社などを介する事になります。これから借地を利用したいという場合には、新しく制定された新法の適用になる可能性が高いと見込まれます。適用される法律によって、旧法と新法では、守られる範囲や内容が変わりますので、不動産会社にも基本的な内容確認を相談しておく事が重要です。不動産会社への相談は、まずはサイトなどで情報を分析し、借地物件などを調べる事もできます。物件がサイトなどでも見つからない場合には、不動産会社に直接要望を伝えて借地物件を探すなどになります。借地物件は、必ず土地の所有者が存在しますので、不動産会社などが土地所有者との仲介をする形になります。土地の所有者側でも何らかの要望が出る事はありますので、借地を利用する側との交渉が成立すれば契約を締結する事ができます。不動産会社には、契約締結による仲介手数料が発生します。土地所有者には毎月の賃料を支払うか、まとまった額での権利売買が発生する事になります。借地物件を利用する場合には特に、利用する側の権利内容も十分に確認しておく事が重要ポイントになります。将来性なども見込んだ上で不動産会社にも相談をして、有効活用ができる様にする事も工夫の一つになります。

To Top